作業員

屋上の防水方法は実績のある専門業者に依頼しよう

傘と家

物件が水漏れしたら

雨漏りがしたら防水工事をしておきたいところです。大阪ではこうした業者も多く選びやすくなっています。また、プロに頼めば予防工事などもしてくれます。特に素人が雨漏りを修理しようとするのはやめておきましょう。

雨漏り

原因をチェックしよう

瓦屋根の場合、瓦にひびが入る・割れる、防水シート自体が劣化するなどが原因で、雨漏りを起こしてしまいます。ひびが入っているなどの場合は、瓦を交換するだけでも対策として有効です。雨漏りが酷い場合は、葺き替え工法で屋根を一新する必要があります。

依頼した方が良い理由

屋根

専門的な技術・道具が必要

屋上のある一般住宅は、年々増え続けています。人気の高いエリアの場合、土地の価格も高く思ったような広さを確保する事が出来ません。狭小住宅であっても屋上を作る事で、狭さを感じさせないマイホームとなります。ただし、屋上のある家は防水工事のメンテナンスが必須です。通常、屋根は傾斜がついているので、雨が降っても傾斜によって下へと流れ落ちます。平らな屋上の場合、通常の屋根のような傾斜が無い事もあり、水はけがとても悪いのです。水はけが悪いという事はその分、雨水の影響の影響を受けやすいという事に繋がります。このような事から、屋上の防水性を高めておくというメンテナンスは、とても大切なのです。防水性を高めるにはウレタン塗料などを、屋上の床面に塗るメンテナンスを行います。ウレタン塗料はホームセンターにも売られているので、手先が器用という方は自分でメンテナンスしようと考えるかもしれません。自分で行った場合、塗装業者に依頼した時と比べると、はるかに費用を抑えられます。ただし、セルフで行う場合はデメリットも多いので注意が必要です。まず、自分で行うとなるとウレタン塗料や、ローラーなどの道具を1から集める必要があります。また、広い屋上だと均一に塗料を塗っていくのは、素人にはとても大変な作業です。ただ単に塗料を塗るだけの簡単な作業と思うかもしれませんが、防水層を作る為には塗料を均一に塗るといった高度な技術も必要です。このような事を踏まえると、自分で行うよりも塗装業者に依頼した方が、はるかにメリットがあると言えるでしょう。

手と模型

保険を確認しよう

雨漏り修理は業者に依頼するのが一般的です。雨漏りの原因として多い棟板金部分は、1平方メートル当たりにつき、約5000円が相場となっています。スレート屋根は1枚の交換で、約1万円から2万円が相場です。雨漏り修理を依頼する前は、必ず火災保険に加入しているかをチェックする準備を行いましょう。