一軒家

屋上の防水方法は実績のある専門業者に依頼しよう

保険を確認しよう

手と模型

事前に相場を確認する

雨漏り修理は多くの場合、専門業者に依頼する事になります。素人が雨漏り修理を行うのは、技術的にかなり難しいからです。雨漏りしている部分を見つける事も難しいですが、何よりも屋根に上り修理するのは、素人には大変危険な行為です。もし、自分で修理出来たとしても、その効果は短期間しか持ちません。このような事から、雨漏り修理は専門業者に依頼した方が、メリットが多いと言えます。雨漏り修理といっても、雨漏りしている箇所によって施工の内容は、費用の相場には違いがあるので事前にチェックしておきましょう。多いのが棟板金と、スレート屋根のひび割れによる雨漏りです。棟板金は屋根を固定しているもので、台風などの強風によって外れたり、ずれてしまう事で、そこから雨漏りするようになります。新しい家に多いスレート屋根は、耐久性に優れているものの、経年劣化や何かがぶつかってしまう事で、ひびが入ってしまうケースも多いようです。棟板金を交換するのにかかる相場は、1平方メートルあたりに付き約5000円となっています。スレート屋根の交換は、1枚につき約1万円から2万円程度が相場です。雨漏り修理を行うという際は、事前に火災保険をチェックしておく準備が必要です。台風などの自然災害によって、雨漏りが起こるようになった場合、火災保険が適用されるケースもあります。業者に雨漏り修理を頼む前に、火災保険への加入は必ずチェックしておきましょう。