一軒家

屋上の防水方法は実績のある専門業者に依頼しよう

原因をチェックしよう

雨漏り

瓦屋根の場合

一般住宅で起こる雨漏りは、屋根に問題があるケースが多いと言われています。屋根は自然の影響を受けやすく、ダメージによる劣化が進みやすい箇所です。ですので、劣化によって雨漏りを起こしやすくなります。屋根からの雨漏りは、どのような原因で起こるのかをチェックしておきましょう。瓦屋根の場合は瓦にひびが入ったり、割れてしまう事でそこから雨漏りが起こるようになります。瓦の下には防水シートが張られているものの、瓦自体にひびが入ったり割れてしまうと、防水シートに直射日光が当たり紫外線によって劣化してしまうのです。防水シート自体の防水機能が低下する事で、天井などに雨漏りを引き起こします。瓦は防水シートを守る役目もあるものなので、割れている・ずれているという事が分かったら、早めに雨漏り対策する事が大切です。ここで何の対策もしなかった場合、雨漏りによって家を支える梁や柱自体が、湿気によって傷んでしまいます。瓦がずれているという場合は、正しい位置に直してもらうだけでも十分有効です。もし、ひびが入っていたり割れている場合は、瓦の取り換えが必要になります。雨漏りが酷い場合や、防水シート自体の寿命が来ているという場合は、瓦だけでなく防水シートも換えなければいけません。葺き替え工法といって屋根から、防水シートなどの下地まで全て新しい物に変える、リフォームを行う事でそれ以上、雨漏りの被害が広がるのを食い止める事が可能です。